昭和22年 4月

現会長が大分市にて池見材木店を開設し創業

37年 5月

大分市大字坂ノ市995番地の1(現在地)に池見林産工業株式会社を設立、社長に池見正人就任

38年 3月

同地に製材工場を建設、操業開始

39年 3月

自動釘打機を導入、木製パレットの製造販売を開始

45年 1月

住宅建築分野進出の為、池見ハウス株式会社設立、事業開始

8月

大分市佐野の工場用地取得
本社工場用地が大分市の都市計画で商業地域に編入された為、将来を見越して、大分市大字佐野字大坪677番地に3,856m2、大字佐野字岩ケ元740番他8筆、柿木田754番
他8筆の7,195m2計11,051m2

46年 12月

日本パレットレンタル設立〈通産省指導〉に際し200万円を出資、〔現在6,000株保有〕

47年 5月

大分市大字佐野字大坪677番地に輸出梱包用木箱〔日立金属向〕製造工場〔建坪1,100m2〕を完成

50年 3月

本社工場に3層強化ダンボール製函製造設備導入、製造販売開始

8月

大分刑務所の刑務作業で野菜箱・椅子等の製作を委託

10月

大分市大字佐野岩ケ元740番に工場棟2棟〔600m2〕建設

54年 7月

パレット製造設備及び3層強化ダンボール製函製造設備一式を佐野工場に移設

55年 1月

建築事業からの撤退で池見ハウス株式会社を休眠会社として存続

57年 5月

製材事業からの撤退を決議、58年5月迄に製材機械及び装置一切の撤去を決定する。
製材業を原木高の製品安が慢性化、市況回復は望めず、国は構造不況業種第一号に指定

12月

内装用床板(桧ムク一枚物)の建材事業進出を決議

58年 6月

本社工場に、木材乾燥用電気炉一基・床板加工用モルダー、ティーナー、サンダー等一連の製造設備を導入

60年 7月

純木桧化粧床板、商品名「桧舞台」として販売開始

61年 5月

「桧舞台」の商標登録取得
本社工場に蒸気式木材乾燥炉(共和式)3基を築炉増設

10月

大分刑務所内に埋木作業棟を建設、埋木補修の刑務作業に本格参入

平成 2年 9月

「節加工した表面化粧板」実用新案登録

4年 6月

パレット釘打機を米国製自動釘打機「バイキング」に更新

5年 8月

資本金を1,000万円増資、3,000万円とする

7年 4月

蒸気式乾燥機(新柴製)一基本社工場に増設

6月

西ドイツ製高速モルダー、4ライン完成

12月

フローリングボード(根太張)JAS工場認定を受ける

8年 11月

「杉並木」商標登録取得

9年 1月

UV塗装ライン完成

12年 10月

原板の埋木補修の基幹工場として大分市大字下戸次1373-1に戸次工場
(敷地面積6,282m2・建坪2,449m2)を取得

12月

製造工程を3分割して、3工場体制への移行を平成16年12月迄に移転・整備完了する旨を決議
原板の受入れ、乾燥、養生、加工、塗装、製品備蓄の全製造工程を本社工場のみでの対応には限界があるため
原板の受入れ、乾燥、養生、モルダー加工
佐野工場
原板備蓄、原板の穴開け、駒埋め
戸次工場・大分刑務所
加工品の塗装、包装、製品備蓄、配送
本社工場

13年 12月

蒸気式乾燥機5基を佐野工場に新設

14年 4月

ノスコーセラミック塗装ラインを本社工場に増設

10月

桟積機(原板)を佐野工場に新設

15年 1月

蒸気式乾燥機2基を増設、7基体制となる

8月

佐野工場にある、梱包用木箱、ダンボール製函、パレット釘打機等製造機械及び設備一切を撤去処分

10月

佐野工場には巾はぎ用高周波接着機4台、導入と同時に集成材パネル製造ラインを新設
製造開始により佐野工場での集成材のJAS工場の認定を受ける

16年 8月

日本木質内装材工業会よりSマーク
(針葉樹内装用ムク板)の認定登録を取得

12月

ISO 9001認証取得

17年 1月

佐野工場にサイロ及び集塵装置が完成
本社工場のモルダー等製造加工ライン全てを佐野工場に移設完了

3月

区画整理対象区域内にある全構造物
(乾燥炉4基、建物、倉庫他構築物等)を撤去

4月

フローリングボード(根太張・直張)のJAS工場認定を佐野工場で取得

18年 1月

桧風呂製造開始

6月 桟積機(原板)を佐野工場に増設
8月 全国販売組織網(ASMS)の確立
連携整った3工場体制の確立により飛躍的に伸びた生産量は、各県毎に現地採用・配置した販売営業駐在員=エリア・セールス・マネージャーによる販売体制と販売数に充分対応出来るものです

 
ご注文・お問い合わせ用『お施主様のページ』へ
お施主様用規格表へ
ご注文・お問い合わせ用メールフォームへ
お施主様用フリーダイヤル0120-416941(よいムクよい)